千葉の小さな季節の料理とお菓子の教室-Cooking Workshop8

2015 Stollen

f0206197_18431276.jpg

2015年のシュトレンも無事お嫁にいきました。

毎年食べてくれる方も、今年が初めての方も
ご縁があって、お手元に届くことにとてもうれしく、ありがたいことだなぁ~と
全て手元から離れて、1週間くらいするとじんわりします。
まるで、シュトレンの熟成期間のようです。笑



アドベント菓子のシュトレンは、元々はドイツのもので
1日1スライスずつ食べながら、クリスマスを楽しみに待つというもの。
イタリアにもパネトーネがあったり、諸外国ではクリスマスの風物詩。
日本では、なんとなくここ何年かで浸透しつつある行事菓子だなぁ~と思っている。

キリスト教徒でもない私が作るのもナンなのかもしれないけれど
シュトレンって一人で食べるにはかなりヘビーなので、必然的に「友達」や「家族」と一緒に
楽しい時間を分かち合う時にもってこいな食べ物だなぁと、思うのです。
f0206197_1853663.jpg

ウチのシュトレンは、パッケージも含めて見た目がシンプルな装い。
だけど、切ってみるとかなりぎっちりな、具沢山な、シンプルとは言い難い中身。
ある意味ちょっと日本的?と思っている。

シュトレンは売っているのも含め、本当にいろいろある。
特に日本はマジパンが栗になっていたり(ウチのはそうだ)、
以前習ったものはオレンジピールをペーストにしたものがマジパンの代わりに鎮座していた。
中身も、ウチのように生地はどちらかというと繋ぎのような存在のもあれば
具は少なめで、生地の方が多いタイプのもあり、
好みに差も出やすいし、一番最初に食べるシュトレンで「好き」か「嫌い」かが分かれるお菓子とも思う。

最近はヘルシー志向に合わせて、バターも小麦も砂糖も使わないシュトレンなるものがあるらしい。
食べていないのでなんとも言えないけれど、バターと砂糖とアルコールで日持ちさせるお菓子と私は思っているので、どういう感じなのかちょっと興味深い。

そんなこんなでバラエティー豊かなシュトレン界。
今回ウチのを手にしてみたけど、「違うかもしんない」と思う方がいてもなんの不思議もない。
ただ、私としてはご縁があって、食べていただく機会を作ってもらえたことをうれしく思っています。
f0206197_1994551.jpg

次にシュトレンに会うのは、2016年の今頃。
今年は自分の立てたスケジュールと、日々の時間が追い付いていかないという痛い思いをしたので、
(これが老化かとしみじみした)つつがなく作る体制が整えられればいいな、というのが反省点。

そして、今年もベースになる普通版とカカオをふんだんにこれでもか!と使ったチョコレート、ドライフルーツが苦手の方のための抹茶版と3種類でした。
準備はなかなか大変だけど、好きなので続けていきたいなぁ。

楽しいクリスマスはもうすぐ。
少しでもウチのシュトレンがお役に立てたらうれしい。
[PR]
by kimamacha | 2015-12-18 19:21 | おしごと | Trackback
トラックバックURL : http://kimamachao.exblog.jp/tb/24780391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


料理家・国際中医薬膳師Tamakiの季節の食べ物で元気になる料理教室と日々のこと


by kimamacha

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お仕事の問い合わせ等は

tama_ent★yahoo.co.jp
お手数をおかけしますが、★を@にして送信してください
-----------------------------
Instagram

カテゴリ

全体
おしごと
雑記
薬膳
ゆるレシピ
おいしいもの
おでかけ(japan)
おでかけ(over sea)
おでかけ(近所)
硝子
ワークショップとか
家内制手工業
思いやり予算
雑貨とか
占いとか
お世話になった料理教室
観たもの、聴いたもの
english
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 05月

検索

タグ

(109)
(98)
(96)
(75)
(60)
(51)
(45)
(30)
(28)
(27)
(20)
(18)
(15)
(10)
(8)
(8)
(7)
(5)
(3)
(3)

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル